Michael McDonald

  • 2008/10/22(水) 19:26:14

この間デビット・ロバーツのライブを見に行ったせいか
最近やたらとAORが聴きたくて やれボビーコールドウェルだの
マイケル・マクドナルドだのスティーリーダンだの移動中聴いています。

マイケル・マクドナルドのファーストソロアルバム
『IF THAT'S WHAT IT TAKES』は一時期よく聴いてたアルバムなんですが
今聴いても やっぱり素晴らしい。
一枚のアルバムの中に捨て曲が一つもないのも凄いと思うんだけど
とにかく一曲一曲のクオリティが高い。
月並みな言い方だけど色褪せてないんですよね。
今新曲ですってラジオで流れていても違和感がない。
どの曲がお勧め?と聞かれても
どの曲もお勧めです。と答える事しか出来ない感じです。
あえてこのアルバムのハイライトをあげるなら
6曲目『THAT'S WHY』の1分29秒の所で出てくるピアノの入り方が
たまらなく好き。 この人のピアノのリフの入れ方とかシンコペーションの
使い方 ホント好きなんだよな〜♪
で このテンションでセカンド、サードアルバムを聴いてしまうと・・・

まあ そっちの方が好きって人もいるとは思うけど。
ドゥービーもいいけどやっぱりファーストソロアルバム『IF THAT'S WHAT IT TAKES』が1番好き。

あっそういえば昔友達が「この人のピアノリフは好きだけど、なんか聴いてると疲れるからキライ」って言ってた。

どういう事なんだろ・・・・



ファーストアルバムの曲じゃないけど↓
Michael McDonald
- What A Fool Believes - SoundStage 2003
http://jp.youtube.com/watch?v=pk9mmto2Cdw&feature=related


Michael McDonald
- You Cant Make It Love/What A Fool Believe
http://jp.youtube.com/watch?v=glYnvZKxDoo&feature=related



ELTON JOHN

  • 2008/10/03(金) 01:12:45

最近曲が書けないブームが来てしまったので 気分転換に
久々エルトン・ジョンなんかを改めて聴いています(今更ですが)。

僕が最初に好きになったピアノマンがエルトンジョン(ベタで)。
確か桑田佳祐さんがラジオでクロコダイルロックをやっていて知った。
エルトンジョンというと いわゆるバラーディ〜なイメージでベスト盤なんかの曲を聴いても割りと控えめなピアノ伴奏で歌う人だなあとある時期まで思っていたんですが そんなの大間違い。
このライブ盤を聴いた時からすっかりイメージ変わってしまいました。

今聴いてもめちゃくちゃカッコイイんです。
ベンフォールズよりずっと昔にエルトンは
ベンフォールズみたいな音楽をやっていたんだな〜。
ベンフォールズがエルトンをカバーした理由が
このライブ盤聴くとわかります。

ダニーハザウェイやキャロルキング、のライブ盤もいいけど
僕の中ではやっぱりコレが今もず〜とNO1です。

『TAKE ME TO THE PILOT』や『BURN DOWN THE MISSION』なんて
何度聴いてもカッコよすぎ。




dbクリフォード

  • 2008/01/21(月) 23:28:41

最近よく聴いているCD「dbクリフォード」。

サポートでドラムを叩いてもらっている笹井享介さんに
もらったCD-Rの中に数曲入っていて、気に入ったので最近アルバムを買ってみました。

最初聴いた時は70年代の人とばかり思っていたんですが、
思いっきり新人だそうです。
全ての楽器を一人でやっているというだけでも興味をそそるんですが、
曲がとにかくキャッチーでいい。
アレンジは基本シンプルなんですが、その中にさらっとオシャレで複雑なコードが入っていたりするのが、また憎いんですよぉ。この人。

もっと複雑に高度な事を出来るんだろうけど
あえて やらずにシンプルに聴かせてる感じが
たまんなく

かっちょいいです。

ボーナストラックにライブバージョンも入ってるよ〜。